板ダンボールについて

板ダンボールの作り方

板ダンボールは一般的に、大判のシート状になっているものを『断裁』することによって成形されています。
その工程は、工場において機械によって行われているものです。
元となるシートを取り扱っている専門の業者があり、大判のものがそのまま出荷されているほか、ある程度のカットがなされている状態で出荷されているものもあります。
断裁に使用されているのは通常、『ロール断裁』と呼ばれている機械です。
大きなサイズ用と小さなサイズ用のものがあり、大きな板ダンボールにする場合には、大きな機械でそのまま処理してしまいます。
小さくカットする場合には、大きな機械でいったん罫線を入れるなどして、それを小さな機械にかけます。
数がまとまったら、結束機で十字にひもをつけます。

Copyright(c) 板ダンボール All Rights Reserved.